女性の生え際後退の原因、PCやスマホの影響?

中高年の男性だけでなく、近頃は女性でも生え際が後退していると悩むケースが珍しくありません。

女性の生え際が男性のように後退してしまう原因はいくつか考えられますが、その中でも特に近年危険視されているのがPCやスマホの影響です。

PCやスマホの趣味は一見するとストレスが少なく、身体への影響が懸念されないと思われがちですが、近い距離で同じピントを合わせ続けなければいけないため目の筋肉を酷使します。バックライトが明るすぎて刺激を受けたり、長時間使用を続けて適切な休憩をとらないと目の筋肉が凝り固まって肩こりや頭痛などの原因にもなります。

生え際周辺の筋肉が凝り固まると頭皮の血行も阻害されるため、髪の毛の成長に必要な栄養素などの供給を妨げる要因ともなってしまうのです。そのため薄毛が気になりはじめた女性は、PCやスマホを使用するときに必ず休憩を取るように心がけましょう。

仕事でどうしても長時間目を酷使してしまう場合は、凝り固まった筋肉を解すようにストレッチや運動を取り入れると良いでしょう。温かいホットタオルを目の周りや生え際周辺に押し当ててみるのもおすすめです。女性の場合は男性より筋肉量が少なく、身体が冷えやすい傾向があるため、日常的に運動をする習慣を身に付けると良いでしょう。

特に筋肉量を増やす筋トレや、血液循環を良くする有酸素運動をバランスよく取り入れるのがおすすめです。女性の場合は室内で自由に行えるピラティスやヨガを行うのも良いでしょう。特にヨガはPCやスマホの酷使で凝り固まった筋肉を解す効果も期待できるため、日常的に行うと良いでしょう。

女性の場合は生え際が後退してもヘアスタイルを工夫する事である程度隠すことは出いますが、原因を追究しないと症状が悪化してしまうことも考えられるため、気がついたときに何らかの対策を行うと良いでしょう。白髪が気になるからと何度もヘアカラーを繰り返すのも後退に繋がりかねないため、頭皮や毛髪に優しいヘアカラーの使用も大切でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です